見出し(聖書)

ホーム > 聖書 > キリストを受け入れる
メール登録のお願い
ギデオン会員、夫人会員の皆様には、会員専用サイトのご利用に際して、メールアドレスの登録を、お早めにお願いします。

メール登録へ

会員サイト

会員の方は、活動報告や各種資料のダウンロードがご利用になれます。

ログイン

入会について

キリストを受け入れる

キリストを救い主として受け入れるガイド

ギデオン協会で贈呈する新約聖書より引用

1.神様はあなたを愛しています

『神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。』ヨハネの福音書 3章16節

『しかし私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます。』ローマ人への手紙 5章8節

2.すべての人は罪人です

『すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず…』ローマ人への手紙 3章23節

『それは、次のように書いてあるとおりです。「義人はいない。ひとりもいない。」』ローマ人への手紙 3章10節

3.罪に対する神様の救い

『罪から来る報酬は死です。しかし、神の下さる賜物は、私たちの主キリスト・イエスにある永遠のいのちです。』ローマ人への手紙 6章23節

『しかし、この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった。』ヨハネによる福音書 1章12節

『私があなたがたに最もたいせつなこととして伝えたのは、私も受けたことであって、次のことです。キリストは、聖書の示すとおりに、私たちの罪のために死なれたこと、また、葬られたこと、また、聖書の示すとおりに、三日目によみがえられたこと…』コリント人への手紙 第一 15章3,4節

4.すべての人は今、救われます

『見よ。わたしは、戸の外に立ってたたく。だれでも、わたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしは、彼のところに入って、彼とともに食事をし、彼もわたしとともに食事をする。』黙示録 3章20節

『主の御名を呼び求める者は、だれでも救われるのです。』ローマ人への手紙 10章13節

5.キリストを私の救い主として受け入れる決意

今、キリストを救い主として受け入れる決意を、声に出して祈ってみませんか?よろしければ、次の祈りの言葉を「ご自分の祈り」として、声に出してお祈り下さい。

『私は神の御前に罪人であり、主イエス・キリストは私の罪のために十字架にかかって死んでくださったこと、および私を義とするために復活してくださったことを信じ、キリストを私の個人的な救い主として受け入れることを、今ここに告白いたします。アーメン。』

今、この決心をした人は、ご自分の名前と今日の日付を書き込んで教えてください。ギデオン協会ではあなたを覚え、お祈りします。また、キリストを信じて救われたあなたの今のお気持ちや決意、何でも構いませんので、下記にコメントも頂けば幸いです。ギデオン協会は、あなたから「お問い合わせ」を頂かない限り、お名前を公表したり、こちらから返信することは一切ありません。しかし、ご希望があれば、お近くのキリスト教会をご紹介することも致しますので、その場合は返信のメールアドレスと最寄りの駅などお教え下さい。

ご自分のお名前 必須
決心した日付 必須
今のお気持ち
返信用メール
※希望者のみ

6.教会を訪ねる

キリストを受け入れると決意されたら、祈って近くの教会を訪ねることをお勧めいたします。教会での聖書の学びは、クリスチャンとして新たに成長する手助けとなるでしょう。
『私たちの主であり救い主であるイエス・キリストの恵みと知識において成長しなさい。』ペテロの手紙 第二 3章18節

7.信じる人への確証

『なぜなら、もしあなたの口でイエスを主と告白し、あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせてくださったと信じるなら、あなたは救われるからです。』ローマ人への手紙 10章9節

『まことに、まことに、あなたがたに告げます。わたしのことばを聞いて、わたしを遣わした方を信じる者は、永遠のいのちを持ち、さばきに会うことがなく、死からいのちに移っているのです。』ヨハネの福音書 5章24節

『私が神の御子の名を信じているあなたがたに対してこれらのことを書いたのは、あなたがたが永遠のいのちを持っていることを、あなたがたによくわからせるためです。』ヨハネの手紙 第一 5章13節

『しかし、これらのことが書かれたのは、イエスが神の子キリストであることを、あなたがたが信じるため、また、あなたがたが信じて、イエスの御名によっていのちを得るためである。』ヨハネの福音書 20章31節

  ※ここでは聖書の引用に「新改訳聖書」を用いています。
聖書 新改訳 ©1970,1978,2003 新日本聖書刊行会

 pdficon_large
キリストを受け入れる

pagetop